学生時代

自己紹介

学生時代から
人を喜ばせるのが大好き。

好奇心、探求心も人一倍。

高校生の時、既に
人を喜ばせるパーティーを開催し利益を得たりしていました。

 

遊びに夢中になりすぎて勉強はいつも赤点。

 

そんな勉強の出来ない私の進学に専門学校をすすめる担任。

それを無視して当時お付き合いしていた彼の大学の近くにある短大を目指しました。

見事第一志望に合格。赤点しかとれなかった私の短大合格に職員室がざわついたの見た時はしてやった感がありました。

 

全く勉強の出来なかった私が、
彼の大学の近くにある短大にいきたいがために目指し、合格をした。

 

この成功体験が無敵のセルフイメージに拍車をかけたのでした。

 

充実した学生生活から一転。
就職活動では希望する
企業からの内定をいただけず苦戦。

 

首から社員証をかけ綺麗なオフィス勤務をするOLに憧れ志望した会社は全て不採用。
母のすすめで受けて唯一内定をもらえた化粧品会社に渋々入社することになりました。

人見知り、接客なんてもっての他の私が・・・

 

会社員時代

2017.09.21